白ニキビの治し方

白ニキビの治療法とは?放っておいてはいけません。 - 白ニキビへの対処方法

白ニキビへの対処方法

白ニキビが出来てしまうと、後は赤→黒→黄色という段階になり、膿んだ時特有の黄ばんだ膿が潰れると飛び出してくることになるのです。
白ニキビは一見すると、ちょっとした発疹のようにも見えますし、あまり気にされる方は多くないのですが、前述にもある通り、放置をしていると、皆さんがご存知のニキビに発展してしまうのです。
白ニキビが出来た段階で正しい対処方法を取ることが出来れば、黒ニキビや黄ニキビに発展することを抑えてくれ、結果的ににきびの広がりなどを防ぐことにも繋がるのです。

むやみやたらに触らないこと

白ニキビは潰しても良いにきびとしても知られています。
専用のコメドプッシャーなどを使い、ニキビの芯となっている角栓やコメドを白ニキビの箇所から抜き出すことは、有名な治療方法です。
しかしながら、こういった専門的な知識や専用の器具を持っていない場合には、むやみやたらと押したり、触ったりするようなアクションは控えましょう。
にきび特有の膨らみを感じると、どうしても気になってしまい、痛みなどがない場合には、特に触ったりしてしまうものではないでしょうか。
こういったアクションを行ってしまうと、皮脂の酸化が進み、結果黒ずんでしまって黒ニキビへと変化したり、炎症を起こし、黄ニキビになってしまい、それを潰してしまって、最終的にはクレーターのような穴が出来てしまうことにもなりかねません。

専門器具などがないのであれば

専門のコメドプッシャーやピンセットといったものがない場合には、自分でどうにかしようとせず、その原因を把握するためにも、美容皮膚科などに通院することをオススメします。
ただ、専門器具があれば、にきびの対処方法を紹介しているサイトなども沢山にありますから、自己処理も十分に可能でしょう。

関連する記事