白ニキビの治し方

白ニキビの治療法とは?放っておいてはいけません。 - 白ニキビは黄ニキビと勘違いしやすい

白ニキビは黄ニキビと勘違いしやすい

白ニキビは厄介ではあるものの、にきびの初期段階であり、対処を正しく行うことで、後も残らないし、痛みを感じたり、膿が溜まるようなにきびに発展することはありません。
最終段階になると、白い膿がポツリと見えるような黄ニキビに発展してしまうことになるのですが、化膿した状態が白く見えるため、これを白ニキビと勘違いしてしまう方も少なくないのです。

白と黄は勘違いしやすい

白ニキビと黄ニキビは間違いやすいことで知られています。
特に専門的な知識などを把握していない方の多くは、化膿をして白い状態が見えるにきびが白ニキビだと思っている方が本当に多いのです。
しかしながら、それはもう完全に炎症を起こしている状態であり、アクネ菌によって皮膚が完全にやられている状態になってしまっているのです。
白ニキビは、ぼつぼつとした状態のにきびを指します。
勘違いしやすいですから、黄ニキビを潰してしまって、結果として悪化させてしまったり、跡が残ってしまうような状態になってしまうわけです。

勘違いをして潰してしまうと

黄ニキビを白ニキビと勘違いして潰したりしてしまうと、毛穴の周辺組織が破壊され、炎症を広げる結果となってしまいます。
この状態になると、ニキビ跡が残り、ボコボコの皮膚が出来てしまいます。
その上でクレーター部分の色素沈着が起こってしまい、黒ずみやシミの原因ともなりますから、注意をするようにしましょう。
ある程度の知識があり、白ニキビであると完全に判断できる上、コメドプッシャーなどの専用アイテムを持っているのであれば、自己処理をしても問題はないでしょう。
ただ、その自信がないのであれば、やはり専門家の下を訪れることが重要なのです。

関連する記事